10月手本 秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊は、キクと名前がついていますが、キンポウゲ科アネモネ属の植物です。濃いピンクのものは京都の貴船山に多く見られたことから、別名「貴船菊」とも呼ぶそうです。種類や色がたくさんがありますが、私はシンプルな一重の白が好きです。

アネモネ属の仲間は、花びらに見える部分は実は花弁ではなく、萼(ガク)が花弁状になったもので、もともと花弁は無いとのこと。えー?そういえばそういうタイプの花はけっこうありますね。

この花の特徴は、花びらよりも全体のかたちだと思います。茎の様子、葉のつき方、葉のかたちなど、なるほど・・・何から何までキンポウゲによく似ているなと思いました。(なのになぜ、菊?)

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA