1月手本「椿と梅」

今年最初の手本、「椿と梅」です。

どちらも毎年手本に登場するテーマですが、何度描いても難しいと言われます。今回は、梅の古木の描き方がいちばん手強かったようです。小さめの椿と、古木。小さく細いものは、筆の穂先を、大きく描く場合は筆の腹を使います。ボカシを入れると、いっそう華やかにきまります。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA