花の世話

花の植え替えはけっこう重労働である。どちらかと言えば水をやりすぎて枯らしてしまう方だから、植木鉢の土は水をたっぷり吸っている。そのせいで大きな鉢は重たい。

それをあっちへやったりこっちへ移動したり、とにかく気に入るまで配置換えをする。南側のベランダにあるものを東側に移すこともある。

結果として部屋の中までゴミが落ちてしまう。いつものことながら、後片付けも大変。掃除機をかけ、雑巾で水拭きをする(2回)。

ヤレヤレ、終わった頃には腰が痛い。マッサージ機のお世話になり、ついでに30分ほど昼寝。これでやっと終了。

ベランダの眺めをいつも良好にしておこうと思ったら、1年に5〜6回はこの作業を繰り返す必要がある。

ブーゲンビリアがポツポツ小さな花をつけ始めた。ボリュームのあるこの花の咲き方と、マゼンタピンクに魅せられて、もう20年くらいになるだろうか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA