桜の下を歩く

「桜、見に行く?」

「仕事、ヤメ!行こ、行こ」

目を休めるため半月ほど教室を休むことにした。しかし、手本描きを放ったらかしには出来ない。1日2時間だけと決めている。イメージ図を作っていたら、背後から娘が声をかけてくれた。

桜の名所、大川沿いへ。今朝の雨で散ったのかと思いきや、平均に8分咲きと言った感じ。セーヌの畔の上にあるカジュアルレストランで昼食、歩いて天満橋へ。

ずうっと続く桜並木。屋台がズラッと並んで、これから通り抜けの八重桜が終わるまで、この辺りは毎日縁日になる。

シティモの上階から見る桜もきれいだった。カモメが気分良く飛んで行くのが見える。街なかで住んでいても、この季節だけは心が解放される。街路樹と緑の淡い桜色が、目に優しいからだろう。

7sakura2

7sakura1

7sakura4

7sakura5

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA