弘法筆を選びます

「弘法筆を選ばず」

という言葉があります。弘法とは弘法大師のこと。書道の達人で、どんな筆を使っても素晴らしい書を書く腕前を持っていたことから、「本当に技術を身につけた人は、道具に頼らずとも結果を出せる」という意味合いであるそうです。

もちろんこの意味はよく知られていますが、もう少し考えてみると、「どんな粗悪な筆でも普通の人よりははるかに上手に書くことができるのだから、素晴らしい筆を使えばもっと見事な書ができあがる」ということではないだろうか。

そして、筆や書道は、人、場所など別のものに置き換えることもできます。

もっと上を目指したいなら、「弘法筆を選びます」。(でもまずは、技術)

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA