年頭に

年あらたまり、三賀日は穏やかに晴れ。今年は良いことがやって来そうな・・・と思いたくなるお正月休みを送っております。

この休み中に何とか成し遂げたい案件があり、澁谷家は一丸となって取り組んでいるところです。ナンダそんなことと言うなかれ、風太の口中の問題なのです。

この15年間溜め込んだ歯石、(たぶんここ数年やわらかいものを食べさせているので、加速的に増えたものと思われます)ほっぺがプクッとしてかわいい!などと喜んでいたのが、ある日、口をイーンさせた時見つけてしまったのです。奥歯にガシッとくっついている悪魔のごときソレを!!

老犬になってやっと歯の掃除が出来るようになりました。鉗子とスケーラーを娘が手に入れて、次の日から開始。

夕方から、熟睡した風太を毛布に包んで台に乗せ、灯りをいちばん明るくし、電気スタンドを用意。さらに手元は懐中電気でスポットライト。娘が歯科医、私は助手です。

当の風太は寝ている間の出来事なのですが、時々鼻をひくつかせたり口に力を入れたりします。その都度、“よしよし、いい子やねェ”と子供をあやす腕のいい歯石取り専門歯科医(歯石取りは歯科助手?)。

今日までに大きいのが2ツ、パカッと取れて、驚いたり喜んだり。壮年の風太にこんなことをしようものなら、私達は大惨事に遭遇していたことでしょう。

歯の掃除はまだ半分くらいですが、当犬もスッキリしたと言いたそうな顔をしています。

本年もどうぞよろしくお付き合い下さいますように。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA