安心を買う

今の家に移ってきた当時、家電は近くの電気屋さんで買っていた。掃除機、電気釜、トースターなど。

梅田に大型量販店がオープンした頃から、そちらに足が向いた。冷蔵庫、洗濯機、エアコン2機、その1機が冷風を送らなくなり、リフォームした時に新調したエアコンも不調。

調査を問い合わせたが、納得がいかない。この一件で、大型量販店は“売り”専門であることに気が付いた。

自転車で行ける距離に電気屋がある。件の店の対応に業を煮やした私は、この店に相談した。気軽に出向いてくれたが、不調のエアコンはその後プツンと動かなくなった。

ほとんど使わなかった方は、冷却ガスが消滅した状態。補充しても使わなかったら又抜けるらしい。結局2機とも撤去し、1台のみ購入。

盆を控えて工事がたて込み、わが家も当然急いだので、他の工事の合間を縫って、中1日あけ2日かけての仕事となった。

担当のNさんは1日目工事に付き合い、終了後も様子を見に来てくれた。大型店では決してやってくれないことだ。きっと今後も何か不都合が生じたら自転車に乗って来てくれるだろう。私は“安心”も一緒に買った気がした。

何かを手に入れる時、価格を一番に考えるか、商品の多さをポイントにするか、アフターサービスに重きを置くか、意見は分かれるところだろう。

私は今回の騒動で、家電は近所でと結論した。そろそろ寿命のテレビもきっと、“町の電気屋さん”を指名すると思う。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA