ミモザを描く

ミモザとチューリップの花束をデザインした。色紙大の絵である。チューリップの方は何度か手本にしたが、ミモザは手本としては初めて。

1枝ではとてもかわいく、1本の木になると黄色いシンフォニーとでも言えば良いか、とにかく春を満喫させてくれる花だ。

チューリップの色はピンクにした。上部は青空をイメージして青く、下部は若草の香りを表現するのに緑青と黄草を混ぜてぼかしを入れた。青いリボンで結ぶ。とても爽やかな絵になった。しかし描くのはちょっと難しい。特にぼかしの入れ方にテクニックが要る。

今回は特別レッスンの手本として創作したが、来年の一般教室でも使える題材だと思っている。

このように会員から要請があれば、私は俄然、張り切る。すぐにもイメージ図をつくり、手本を描き上げる。娘はそれを見て勉強する。依頼主が喜んでくれれば最高である。

水墨画の先生はたぶん描かないジャンルの花であるが、私は墨彩画も選んだから、ミモザと出会えた。墨だけにこだわることも良し、彩りの世界で冒険するも楽し。

さて、ミモザとチューリップ、反応はいかがか?

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA