ストール

径40センチほどの白いフワフワ、思わず「ワーッ 何これ」と触りたくなる。カシミアであった。“このストール1枚織るのにこれだけのカシミアを使っています”との見える展示、わずか50グラム。ピーマン1個分の重さだそうな。ウーン、別のものに例えて欲しいナ、お手玉1ツ分とか(ちょっと古いか)。

明治43年創業 細川毛織株式会社。泉大津市から阪神デパートへデモンストレーションで出張していた細川さん、息子のようなシンパシーを覚えて、彼の薦めるストールを手に取った。

なるほど、ホワリと軽く、優しい肌触り・・・私が選んだのはベンガラ(土から採取される酸化鉄)で染め上げたもの、ひとことで何色と言えない微妙な染め(暖色系)で、私の肌の色に合うと思ったものの、私のサイフにぴったり合う値段とは言えなかった。

しばし悩んだが、手洗い可能。キズが出来たら修理は無料なので名前を登録させて下さいとのこと。名刺を渡した。ついでにホームページを見て下さいネと忘れず。細川さん(ですよね)、読んで頂けましたか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA