エルヴィス・プレスリーは永遠に

娘がクリスマスソングの特集をラジオで放送するので、曲を選んでいる。

私が好きだったプレスリーの歌を聴かせてくれた。

「ブルークリスマス」、失恋の歌らしいので、哀愁を帯びた声で歌っている。それにしても何ていい声なんだろう。この音域は何と言うものか。私は全く知識がないが、脳みそをトロリと溶かせる効果絶大であることは間違いない。

一世を風靡したロックの王者の声は、今聴いても色あせぬ艶やかさに溢れている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA