いろいろ芽を出す、虫も来る

ミニ畑からはいつの間にかミカンの木が7本育った。7〜8センチの丈になったので、別の鉢へ移してやった。

ブロッコリーが終わり、シソだけがあちこち摘み取られながらも細々と新芽を出している。その根方にまた何かが芽を出した。

シソに隠れて見えない所で、葉ゲイトウが5センチくらいの大きさになっていた。

ミカンだけは、食べた後タネを埋めておいたが、その他のものはどこからか飛んで来たのだろう。

カラスウリではないかと思われるものがあったので、インパチェンスの横に移植した。どんどん伸びている。

先日、今年はこれが最後かなと思いながら買ってきた桃が、感動的おいしさ・甘さであった。娘が「植えたら芽出るかな」と言う。“甘かった桃”と名札をつけてもらって、畑のスミに眠っている。

さきほどから、リ・リ・リが鳴いている。ベランダにいるような気がして近付くと、ピタッと音がしなくなる。どこかでリ・リ・リと鳴くと、ベランダの子もリ・リ・リと透明な音を出す。

どんな虫かこの目で確かめたいとずーっと恋焦れているが、よほど恥ずかしがりやとみえて、いっかな姿を現さない。でも今年もわが家へ来てくれたンだ。うれしいことだ。

カネタタキは大歓迎だが、そうでないカメムシも来る。きゅうりの葉にくっついていたので、洗濯物と一緒に入ってくるとイヤだナ、と追っ払った。とたんにプッとやられてしまった。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA