よくある質問

皆さんから寄せられる質問と答えをまとめました。ご自身の疑問と似たものがあるか、下記をご覧頂き、解決しない場合は[お問合せ]よりお尋ね下さい。

Q.水墨画と墨彩画ってどう違うんですか?

A. 流派によって違いますが、墨だけを使う絵を水墨画、墨プラス色(絵の具)を使う絵が墨彩画、と思っていただくとわかりやすいかと思います。ただ、水墨画といって色を使う先生もおられるし、描く絵によっても違います。

私達の使う教材には、墨だけの絵、墨にワンポイント色を使った絵、墨を使わず色だけの絵、様々なお手本がありますので、「水墨画・墨彩画 玉麗会」と表記しております。

Q.絵を描くこと自体初めてですが、描けるものでしょうか? 

A. ほとんどの方が最初は初心者の方ばかりですので、心配はありません。慣れるための運筆練習や基本練習、宿題などはなく、ゆっくりご自分のペースで描いて頂けるよう、指導致しますのでご安心下さい。

Q.ずっと気になっているんですが、一歩踏み出せません。

A. 何かを始めるときに不安になる気持ち、よくわかります。情報だけ集めるよりもまず実際に教室へ見学(または体験)に来られることをおすすめしています。その際、

・先生との相性、教室の雰囲気

・教室の場所(通いやすいかどうか)

・レッスンの内容(レッスン料、習う絵、指導方法など)

など、他にも気になる点があれば遠慮なく講師に質問して下さい。ご自身で納得の上スタートされることが良いと思います。体験レッスンの詳細はこちら

Q.絵の道具を持っておらず何を選べばよいかわかりません。

A. 絵の道具については、こちらに写真つきで道具を紹介していますので、参考になさってください。→「こんな道具を使って描きます」

絵を描くには最低限の道具が必要になりますが、たくさん種類のある中で、とりあえず値段を基準に安価なものを選ぶのは要注意。たとえば、水入れなら専用のものを使う必要はなく、ヨーグルトの空き容器などで十分用を足しますが、安い筆、プラスチックの硯、などは使い辛く結局買い直さないといけないということになりかねません。わからない場合、買う前にまずご相談下さい。玉麗会でも、道具はご用意できます。

Q.自分の家から近い教室はどこか知りたい。

A. 現在ある玉麗会の教室は、すべて大阪のみとなっています。メニューの「教室を探す」に、各教室の場所もくわしく記載してありますので、ご確認下さい。

Q.先生の作品を常時展示してあるところはありますか?

A. 個展、作品展の開催される時にはお知らせしています。現在、常時展示してあるような作品はありません。遠方になりますが、徳島県阿波市「円光寺」というお寺に、天井画と襖絵が奉納してあり、無料で見学することが可能です。天井画と襖絵のある円光寺の記載は、こちらから→「円光寺 龍の天井画と100人の子どもたち、四季の花の襖絵」

Q.描きたいものが決まっているので、それを教えて欲しい。

A. 玉麗会では、教材としてお手本を購入して頂いており、そのテーマにそってレッスンを受けられるようになっています。一般教室のレッスンを受けておられる方を対象に、上級者対象の研究会という特別教室があり、こちらでは大きい作品(軸装、額装他)や、ご希望の題材を描いて頂けます。手本教材の写真はこちら→「レッスンで使う教材」

Q.書道の筆を持っていますが、使えますか?

A. 全く使えないとは言い切れませんが、基本的に、書の筆と絵の筆は違います。筆にもいろんな種類がありますが、要は目的に合った使いやすさが大切です。同じ筆だからと一緒にせず、使い分けた方が描きやすいと思います。

Q.墨汁を使ってもいいですか?

A. 墨汁は使いません。固形の墨を使います。理由は、墨汁には膠(にかわ)が入っていないので、紙の上で水に流れやすいということからです。(少し入っているものもあります)また、すった墨が残ってもったいないからと容器などに移す方がおられます。夏場は必ず冷蔵庫で保管して下さい。常温で置いたままにすると膠が腐ってしまいますので、ひどいにおいがします。なるべく早く使い切って下さい。

Q.教室で先生のレッスンの写真、動画を撮影してよいですか?

A. ご自分の作品の撮影などは自由ですが、講師のレッスン風景は、写真撮影も動画撮影もご遠慮下さい。

Q.上達するためのコツがあるはず。近道を教えて下さい。

A. 玉麗会では、地道な運筆練習を強要することはありません。絵を1枚1枚仕上げていくことで「できた」という達成感を感じることがまず大切だと考えているからです。また、『近道』とは言えませんが、絵を上手く見せるコツはあります。そんなワンポントをレッスンに取り入れて、楽しく続けられるように工夫しています。

一般論では、あらゆる物事と同じで、絵を描くことも回数をこなすことが上達への第一歩です。残念ながら、王道はありません。どれだけ習ったか(年数)ということより、どれだけ描いたか(量)で、差がついてきます。全くの初心者の場合、まず筆をはじめとする道具の扱いに慣れることが先決です。教室で習ったこと、描いた絵を家でもう一度繰り返して描くこともとても良い練習になります。具体的に描きたいもの(テーマ)が決まっている場合、それを集中して練習する場合もあります。運筆練習は楽しくはありませんが、体に覚えこませるためには、そういった 地道な練習方法が一番有効です。スポーツで例えると体を鍛えて基礎体力を作るために、走り込んだり筋トレをするようなものですね。(教室では、運筆練習は基本的にしません)