ちょっと憂鬱

3年以上前から右下奥歯が少し動いていた。歯科では、歯磨きを丁寧にして大事に使ったら、まだ大丈夫ですとのことであった。その歯が先日から浮いた感じで、食べ物が当たると痛い。

今日はとうとう歯科へ行かなきゃとなってしまった。忙しくなってきたので、肩が凝って歯に影響したのだろう。

脳はダマすことができる、と何かの本の見出しで読んだことがある。そうなのかどうかはわからないが、歯が痛くなったら膝の痛みが消えた。消えている訳ではないのだろうけれど、より強い痛みに支配された脳は、時折痛い程度の膝のことをすっかり忘れている。

近所の歯科に電話をかけて予約しておいた。ウィーン ウィーンと、痛い歯がさらに痛みを増す音を聞きながら、30分ほど待った。

「疲れが溜まって歯にきたのでしょう。まだ抜くほどではないので、掃除して抗菌剤を注入しておきます」女医さんはそう説明して処置を施し、痛み止めを処方してくれた。

歯に支障をきたすとサメのことを思う。彼らは歯が抜けてもまた生えてくるとか。人間はそんな訳には行かないので、歯骨に穴を穿って金属を埋め込み、その上に義歯を取り付けるインプラントを考え出した。1本30万円以上もするとか。

私の歯は比較的良好で、抜けた部分は、今のところ左奥歯1本だけ。インプラントではなくブリッジにしている。でもそのうち、今痛くなっている歯も抜かないといけない状態になるンだろうナア。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA