ウサギだって休む、いわんや・・・

このところ元気で順調に動いていた私の体が、とうとう反乱を起こした。特別教室の翌日が午前、午後教室2ツ、これではバテるのも頷ける。

もう若い時のようには動けないのだ。わかっているつもりなのに、調子が良いとすぐ忘れて予定を入れてしまう。

で、どうなったかというと、教室が終了し、洗濯物を取り入れてたたんだまではよかったが、さて夕食の用意をと思って台所に立ったら、何かがスーッと体から抜けていく感じ。立っているのもツライ。

カウンターに手をついて、娘にメニューの説明をし手順を伝えて、マッサージ機に座った。しかし今体をいじってはいけないように思えて、隣のリクライニングチェアへ。フルに倒して体が横になった途端、意識が抜けるように眠った。

イビキかいて眠っていた?と後で娘に聞くと、スースー言ってたとのこと。目が覚めたら食事の用意ができて、美味しそうな匂いが鼻腔をくすぐる。

横になる前は気分も悪く、ひょっとしてこのあと嘔吐するかナと思ったくらいなのに。いつもよりさらに少量ではあったが、食事は摂れた。ヤレヤレ、どうなるかと心配したよ。

雨を待っているが一向にその様子がない。トビラ氏に聞いてみたら「降ります いつとは言えませんが、ギィ」とのこと。いつなのか言ってくれなきゃ・・・。曇っていた空に陽が射してきたよ。本当に降るのかね。

今日はおとなしくしていよう。何事も「急」があれば次は「緩」が必要。急いでばかりだった私の人生、休むことは「悪」であるとさえ思っていたふしがある。

あともう少しはがんばるンでしょ。休まなきゃ続かないよ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA