秋を待つ

朝夕は涼しいものの、日中は汗ばむ時もある。時々、季節は冬に向かっているのか夏に戻るのか、ふっと感覚的にわからなくなってしまう。

10月が待ち遠しい。確かな秋を実感できるようになるだろうし・・・・・ここまで書いて、今年の10月がいかに忙しい月であるかを思い出した。

玉麗会展は11月を予定していたので、特別教室の日程を10月で終了するように変更した。変更した人達とはグループごとに相談し、OKをもらっていたはずであったが・・・。

勘違い、もの忘れ、いろいろある。仕方のないことではあるが、当方としては割り切れない。

何か大きな行事を催すとなると、1度ならず2度3度「ウーン」と唸ることが勃発する。いつかバクハツしてやるゾと物騒なことを考えつつ、何事もなかったように順応するワタクシ。

ヒンヤリする季節の到来を待ち望んでいる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA