超疲れた日

体が疲れることについては、マッサージ機のお世話になり、小一時間も横になれば今のところ回復する。

けれどもメンタル面においては、疲弊が激しく、案件が解決に向かわない限り、しつこくつきまとう。

教室では日々、多くの会員達と接触している。

月2回(1回もある)、1回2時間の教室を、すべての人達が気分良く、楽しく、明るくをモットーに運営するには、あらゆる面に気を配り、しかもそれらを「ごくあたりまえ」に進行させることが可能な人間でなければ、趣味の世界の先生にはなれない。

趣味だからこそ、居心地が悪いと感じたら、もう来ないだろう。

私は、気を配るまでは優等生的に出来るが、「ごくあたりまえ」には未だ到達していない。すなわち泰然自若には至っていない。少しのことで心が揺れて止めようがない。

もう以前のように、ストレスに負けて目まいを起こすことは稀になったが、それでも「我関せず」にはとてもなれなくて、困惑する。

昨日はドドドーッと疲れて、弱音を吐いた。

お風呂に入って、しばらく部屋の中を歩いて、ぐっすり眠れば、明日はきっと心が軽くなっているだろう、と綴ることで解消させたいと思っています。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA