ツイてない日

先日私はヒマであった。

いやヒマではなかったのだが、
今日は描かないと決めた。
右手親指が少々痛かったので、
今日手本を描いたらきっとオーバーワークに
なると思ったのだ。

家にいたら何かせずにはいられないヒトだから、
外へ出た。

梅田グランフロントの本屋へ。

ところが土曜日だったので、
梅田は人でいっぱい。
本屋も然り。

で、そそくさと本を選び、
お昼ごはんには少し早いけれど
とにかくデパートのカフェへ。

カフェごはんとやらがおいしそうに
紹介されていたので、注文した。

ところが温かいのはごはんだけで、
上にのっかっている鶏肉も野菜
(これは仕方ないけれど)も冷たい。

なにやらジャリジャリと歯ごたえの
するものも入っている。
こんなおいしくないものを食べたのは初めてだ。
半分以上残して、仏頂面で支払いを済ませた。

今日はついてない。

そんな日は早く帰ることだ。

しかしついていない日はこうなるンだと
ますます気落ちした。

2冊のうち1冊は全くダメな本だった。
パラパラと読んだはずなのに・・・・・。
半分ぐらい飛ばし読み。

これで目でも痛くなったら
泣くに泣けないナァ。
いや、涙は出るから、泣きたくないのに
泣けると言った方が正しい。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA