蟷螂生(七十二候より)

6月6日〜10日、蟷螂生(とうろううまる)

草木に産みつけられた卵から、
小さな蟷螂(カマキリ)がわんさか出てくる季節。

今年は今日から梅雨入りだと言っていたが
雨の中でも生まれるのか。
それとも晴天の日を待ってそうっと出てくるのか。

いやもしかしたら、数日続いた晴れた日、
もうすでにわらわらと現れているのかもしれない。
この辺りは樹木は多いが、草は刈り取られるので
カマキリの卵を見たことはない。
大川のほとりか淀川の方へ行けば
いるかもしれないが。

カマキリの大きいのはコワイが、
赤ちゃんはかわいらしい。
声をかけるとイッチョマエに、
鎌を振り上げるのが何とも愛らしい。

以前カマキリの赤ちゃんを見たくて
卵を探したことがあるが、そうそう見つかる
ものではない。

第一、そんなものを持ち帰ったら
大変なことになる。
あの卵の中には一体いくつの生体が
つまっているのか。

一度だけだった、それもずっと昔のことだ。
あふれ出てくる小さなカマキリ達と
対面したことがある。

詳細は覚えていないが、とにかく仰天した。
そこら中の草の上に散らばって行く彼らのうち
何匹が生き残るのかを思うと、
胸がチクリと痛かった。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA