天満宮に牛を

藤井寺教室のKさんが藤井寺教室の発展のため、いろいろ提案して下さる。

道明寺天満宮境内での梅まつりに合わせて、移動教室で描いた絵を絵馬堂に展示する案を出して頂いた。

“大きな和紙にみんなで絵を描いて貼る”
は、とてもおもしろいと思う。

しかしそうなると中心に牛(天満宮なので)を描くのは、私の仕事で、昨日今日2日がかりで取り組んだ。

130センチ×100センチの白い空間を埋める作業は、手慣れた者でも、数時間を要する。

これを教室の皆さんが2時間で行なうには、「無理」の一言に尽きる。

中心に牛を描いた時点で気がついた私は、皆さんが描く予定の梅の花や背景も、全部1人で描き上げた。

けっこう疲れた。

Kさんの要望では、「もう1枚おひなさまも」とのことであった。こちらの方を皆さんで協力して仕上げてもらうことにする。

といっても、やはり中心のおひなさま描きは私の仕事である。

いや、これは娘の協力を要請しよう。私が描くよりかわいらしいものが出来上がるだろう。そして周囲に菜の花を描く。それを教室の皆さんで、と考えている。

しかし1枚の紙に全員が群がって一斉に、という訳にはいかない。

対策は考えているので、2月2日お楽しみに。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA