体験会から展覧会へ

ぽこあぽこ体験会の日(3/22木曜日)、体験申込みはゼロであったが、私はうれしい日であった。

Tさんに声かけしておいたので、来てくれた。

お店に入るなり、あっSさん、Iさんが!
先日「ヒマだったら来て下さいネ」と誘ったら、あいにく予定が入っているとのことだったのに。
2人とも予定を午後にのばして、わざわざ足を運んでくれたのだった。
とてもうれしいです。

お店の奥に机を並べて、教室を作ってくれていた。
いつもの体験道具を取り出し、「では、始めます」。

今日は、金太郎、ムラサキナノハナ、アザミなどの手本を持って行ったが、私はツクシを描いた。

SさんとIさんにすすめたところ、「私達はTさんが描くのを見ています」とのことで、Tさん、描き始める。

私が見ているとやりにくいと思って、店のオーナーさんと立ち話。

レジの前に私の絵ハガキをディスプレイしてくれている。
先日、佐々木さんが持参しあものだ。
洋紙と和紙ではやはり和紙の方がよく出ます、と。

描き終えて、4人でお店探訪。
手づくりの作品がこまごまと並んでいる。
Nさんの作のバッグも新作が出ていた。

 

女性は、小さなモノが大好き。
ア、コレいいね、コレかわいいネ、と言いながら時間を過ごし、駅で解散した。

あいにくの降ったり止んだりの日であったが、心晴れバレ、3人ともありがとうございました。

オーナーさんが、作品の展示もどうぞ、と言って下さったので、近日中に都島教室の皆さんの作品を、と考えています。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA