水仙

単純なモノをサッと描くには、熟練の技が要る。

水仙もひとつの例である。

 

私が水墨画を志、玉雲先生に師事するきっかけとなったのがこの花だ。

師が描いた水仙を見たとき、私の鼻腔を香りがよぎった。

この鮮烈な体験が、水墨画家澁谷玉麗を生む原点となった。

 

そのような思い入れのある花なのに、なぜ水仙を玉麗の花(玉麗会のマークも含めて)としなかったのか。

“難しい”のひとことに尽きる。

この花を描くたび、私はまだまだ師の境地からは遠いナァと自戒するも、『マア ある日突然にということもあることだし』と思うことにしている。

「ずーっと続けていたら、ある日突然描けるようになるもンですよ」
と教室でも言っている。

熟練の技なんて、短期間で成るものではないのだ。

先日水仙を頂いた。
芳香が玄関に漂っている。

(苞から出た蕾)

(葉の先は丸みがあり、くるっとねじれる性質がある)

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA