スフィンクスを見た

あまり外出しないので、ニュースに乏しい。
けれどもひとつ、とても珍しい生きものを見た。

食材を買いに、車で週1回ほど行ってもらう。
近くにペットショップがある。
そこで見たのだ!

スフィンクス、ネコである。

1966年、カナダで突然変異で1匹の無毛のネコが生まれた。
その後異種交配を重ね、短く薄い産毛のネコが生まれることになったが、数はとても少ない。
そのため素晴らしく高価で取引される。

その貴重なネコがペットショップにいたのだ。

産毛は成長するにつれてより薄く、無毛に近い状態になるらしい。
プラスチックの穴あきドームに入れられたその子は、私を見るなりミャアと鳴いた。

「ここから出して、家族にして」
と訴えているようで、胸が痛いほど心掴まれた。

私はどうやらこの手の顔つきに弱いらしい。
お大きな耳、大きな目、スリムで飛躍力のある四肢、小さな頭部。

ネコカタログによると、1度目にしたら忘れられない無毛のネコとある。

その夜、久しぶりで夢を見た。
覚えていたつもりが、目覚めるとスッカリ忘れてしまった。

帰路、
「10歳若かったら、あの子連れて帰っていたかもしれへん」
と言うと、娘が目を丸くした。

私がネコを飼おうかと思うなんて、今まで考えても見なかったことだ。

帰って風太の写真を見て呟く。

「風太に似てる子がいるとかあさんはクラッとするみたいやナァ」

「ボクより美しいいきものなんていないよ」

風太はいつもこう答えるのだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA