ルリマツリ

ルリマツリを買ってきた。

このような形状の花には蜜が多い。
といっても、花ひとつは小さい。

かたまりになって咲く花の
管状の奥まで口吻を差し入れて吸い取り、
また次の花へと、
チョウ達は忙しく動く。

蜜が多いだろうとは思っていたが、
まずは吸ってみないと。

お店のスタッフにその旨説明すると、
“ヘエ〜そうなんや、花屋もよう知らんのに、
先生何でも知ってるネエ”
と感心されてしまった。

花を取って吸ってみると、かすかに甘い。
ホラ、と吸ってもらったが
ウーン??と言う。

車で待機している娘にも、持って行った。
“ウン、ほんのり甘い”と言う。
よし、まちがいナシ、これにしよう。

丈60センチほどのルリマツリは
うす青の小花をいっぱいつけている。

“植え替えてやった方がいいやろネ”
とのこと。
持って帰って、咲き終わった花がらを取り、
下の方をスッキリ剪定した。

この木はツル性なので、
支柱にまとわりつかせて、あちこち止めてある。
それを所々はずし、形を整えてやった。

大きな鉢に植え替え、水をたっぷり与える。
しばらくすると花も葉もピンと
元気になった。

暑いのでこの作業は室内で行なった。
ベランダへ出して、さて、
アゲハが舞い戻ってくるのを
待つばかり。

おいしい蜜があるよ。
いつでも帰っておいで。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA