理想と現実の解離

掃除が終わったところで、娘が玄関でゴソゴソしている。

見ると、クツ入れをキレイにしてくれているようだ。

下から天井まで壁面一杯にクツ入れを作っているので、この中全部掃除、下敷き替えするのは時間がかかる。

玄関は寒い。

私はねぎらいの気持ちを込めて、電気ストーブを運んだ。

「靴磨きまではしないよ」
と言いながら、靴を全部床面に並べている。
結構ある。
使っていないのや傷んだのは処分しないと・・・。

服に合わせて靴を買った頃があった。
豊かな時代だった。
今はもうカジュアルな服しか着ないし、靴も真夏以外ブーツなので、シンプルになった。

世の中全体がシンプルになってゆくのはいいことだ。

多くを持たない。
シンプルの中に個性を際立たせる。
理想とするところであるが、なかなか難しいことでもある。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA