思い出し笑い

年末のことである。(ほんとは書いている今が年末で、アップされるのが年明けなンである。ややこし)

 

私達は9時に大掃除を開始した。毎年のことながらキッチンの上の方は娘が、下で私がウロチョロする。

なのに体の調子が良いのをいいことに、カウンターの上や下の方は前日にやっておいた。そこで長い間の懸案であったタテの面、つまり壁を水拭きするという大仕事を始めてしまった。

床の水拭き用モップの柄にもっと厚地のモップを取り付け、これでやってやろうとの意気込みである。

モップは15センチ×30センチぐらいあるので、雑巾で拭くのよりよほど効率が良い。

しかし、私には目まいという悪癖がある。大丈夫か?

体の調子が良いことを幸いに、高い所も躊躇なく右に左にモップを動かせる。振り回していると言った方が正しいかもしれないが、本人にとっていたく気分の良い事で、つまり気分が良いのだ。

複雑であるが目まいがしない、気分が悪くならない。要するに気分が良い。

リビング全体を拭き、力が余ってキッチンに侵入。そこには娘がいて、冷蔵庫の上部を拭いていた。

私のモップは私の意志に関係なく進み、その先は・・・。娘の頭であった。

コーン。

軽快な音と共に娘が叫んだ。
「ローサイ!!」(労災)

体の調子が良いからと言って、制御できないものを振り回してはいけない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA