ねばり勝ちです

↑最初の画像は、何かの間違いというわけではありません。

家のプリンター1号のプリントテストの紙で、4色のインクのうち黒インクの印刷結果です。

今回は、プリンター持っている人ならよくわかってもらえる、持っていない人にはまったく興味のない話です。

 

プリントテスト1回目。

カラーインクはきれいに出ているのですが、黒いインクだけが壊滅的状態。文字もまったく出ていません。

クリーニングを作動させました。

プリントテスト2回目。

ようやく文字が浮かび上がってきましたが、カスカスです。黒いインクの状態もボコボコで不完全です。

クリーニングを作動させました。

プリントテスト3回目。

かなり文字がはっきりしてきましたが、黒いインクの状態はまだ不完全です。

クリーニングを作動させました。

これでどうだ、プリントテスト4回目。

あ〜 贅沢を言っていられない状況なら、OKレベルです。
しかし、100%ではありません。このままで印刷をしても、きっと文字はところどころかすれて出てくるでしょう。

クリーニング・・・・

ここで、迷うのです。

クリーニングにもインクを使います。
家庭用のプリンターは最近安くなってきましたが、その分インク代がめちゃ高い。

4回もかけてこれなら、これで限界なのだろうか?
ということはプリンタの寿命ということか?

考えるのを一旦放棄して、そのまま仕事へ。

 

帰宅。

あープリンター。

印刷せねばならない書類があるのです。

よし、もう1回、クリーニングから試してみよう。

 

クリーニング開始。

そして、5回目のプリントテストの結果は・・・・・

おおー!

4つのインクの色が完全に揃いました。

デコボコもなく、文字もくっきりきれい。よかった!

 

すこし時間を置いたのもよかったのでしょうか?

印刷するものがけっこうあるので、プリンターにはいつもハラハラさせられます。
不調になるのは突然ですし。

というわけで、わが家にはプリンターが常に2台あるのです。

(雪)

 

1件のコメント

  1. プリンターの手入れ先日我が家のプリンターもモノクロコピーだけに筋目が入り
    お手入れを実行。きれいになりました。時々するべきですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA