虫が少しばかり

プクプクムシ
ピンピンムシ
モゴモゴムシ
(これらはブロッコリーにつく虫達で、
本名はちゃんとあるのだが、形状および動き方などで
わが家ではこう呼んでいる)

本来なら害虫として処理されるが、
わが家にはカエルがいるので、
彼らの食料として使っている。

といっても、ムシ達は小さい。
とても主食にはならない。
緑の葉をいっぱい食べて成長した虫は、
たぶんビタミン豊富で、おやつぐらいの役割か。

虫はその年によって発生状況が変わる。
大量に産卵する年は捕獲するのが忙しい。
昨年は少なかった。
オキナワスズメウリには一匹も虫がつかなかった。

カエルは昨年、オタマジャクシすくいのオタマが
成長してわが家の子になった。

一昨年ならスズメウリにワンサカ虫がいたので、
満腹させてやれただろうが、その翌年はいなかったので
与えるエサに苦労した。

さて今年はどうだろうかと待っていた虫の季節。
今のところポツポツで、ひょっとすると
期待はずれになるかもしれない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA