蜜蜂の話

御主人の友人が蜜蜂を飼育していて、飼ってみたらと誘われたらしい。

その友人は、1鉢7,000円もする蜜蜂が集まる「蘭」までも買ってきてくれて、もちろん巣箱も作ってくれた。

さっそく設置して数日すると、偵察のハチがやって来た。

次はもう少し数が増えた。

蘭には網をかけて、花の中には入れないようにするとか。

Mさんは翌日、滅多に見ることのできない情景に遭遇した。

5メートルくらいの円盤がMさんの庭に向かって飛来、ハチの大群である。
Mさんは呆気に取られ、何することもできずただ見ていたという。

女王蜂を中心にひとかたまりになってやってきた大集団は、またたく間に巣箱に吸い込まれるよう消えたらしい。

その後、ハチ達は毎日せっせと蜜を集めているらしい。

日本蜜蜂は9月頃、1年に1度だけ蜂蜜を採集できる。

「先生、取らぬタヌキかもしれませんけど、蜂蜜取れたらお裾分けします」

「ワッ嬉しい!9月が楽しみです」

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA