みどり

ペリドット(宝石)グリーンが好きで、小さな石のついたイヤリングを手に入れた。

もう20年ぐらい前のことだ。

けれども初めて身につけた日落としてしまった。
では片方は残っているかと言うと、ないのだ。

両方とも落としてしまったのだから、よほど縁がなかったとみえる。

以来、私の小さな宝石箱にはこの色の装飾品はない。

今は全然つけないから、娘にほとんど渡してしまった。

春から初夏、梅雨の頃、あちこちのグリーンが燃え立つように精気を放つ。

さわらび、しだれやなぎ、もえぎ、わかくさ、とくさ、これらは色の名前である。

カタカナではピスタチオグリーン、リーフグリーン、オリーブグリーン、エメラルドグリーン、ライムグリーン、ミントグリーン、等など。

わが家にもこれらの色彩があふれている。

陽に透けてより輝くのは、アフリカンプリンスの大きな葉、アラレアの新芽はペリドットに近い。

ベランダのホープブロッコリーは緑の灰色を混ぜたような不思議な色で、雨粒が落ちるとコロコロと踊り出す。

アマガエルを乗せてやりたいような葉である。

カエルケースに入れてみると「ツチガエルだってホラ、似合うヨ」とばかり上に乗って目をパチクリしている。
なかなか愛らしいものだ。

この時期の観測史上初めてとの暑さが続き、雨が降った。

やっと本来の気温にもどって植物が一息入れている。

人間もカラカラだった喉の奥がやっと普通になって、私は足の痛さもとれたので、二息ほどついている。

緑陰深しの季節がもうすぐやってくる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA