クサイ店へは行かない

毎日の食材確保は考えるまでもなく大変な作業だ。
わが家はすぐ近くに小型スーパーがあるので、遠くまで行けない時はとても助かっている。

ただ少々高いので、野菜・果物は車で大型スーパーへ行く。
週一ぐらいで行くスーパーが新装開店とのことで、行ってみようかと思ったが何しろこの暑さだ。
自転車で行くには危険かも、と判断してちょっとだけ待って娘の車で行くことになった。

陳列台が低くなり、数も少なくなったようで広々と感じる。
このスーパーは野菜・果物が得意なのか品数が多く、安価で提供している。
入ってすぐのコーナーは明るい感じになって、桃・梨・ぶどう・キーウィが並び、その横にはスイカが1個 1,380円で売っていた。

風太がいた頃はスイカ大好きだったので1個買うこともあったが、今はちょっと持て余す。
それにしても近所のスーパーと比べて何と安いことか。
切って売っているのも半額ほどで、帰宅後食べたがとても甘かった。

わが家の好みのものをカゴに入れ、グルッと1周したが、店の3分の1ぐらいが悪臭に汚染されていた。
新しくなったばかりだと言うのに何とマア、店のスタッフは全員鼻のきかない人ばかりなのだろうか。

臭いは鮮魚コーナーからだった。
これでは鮮魚とは言えまい。
私はとにかくニオイに敏感すぎるぐらい、鼻がきく。
こんな場面に遭遇すると自分がかわいそうになってくる。
早々に立ち去るしかない。

どこのスーパーも鮮魚コーナーはやや臭う。
トンデモナイくらいクサイ魚屋が入っているスーパーがあった。
今は行っていない。
私のような人もいるのだ。
世界でただ1人なら、対策は必要ないだろうけれど····

私は魚嫌いではない。
「鮮魚」なら喜んで頂く。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA