夜の雷

すごい音がした。
ベランダに出ていた私は「ヒャア、こわいーっ」と叫びながら部屋の中へ跳び込んだ。
娘がすぐ側にいなかったので、ハウスの中のジャンに話しかけた。
「こわかったねェ、ジャン」
ジャンは、“ウン”と言って(言わなかったけど) 頷いた。

こんな場合、同意してくれる人がいると心強い。
それがカエルであっても。
私の顔を見ながら“ウン”と言った(言わなかったけど)のだ。
うれしくなって、恐さでドキドキしていた心臓がおとなしくなった。

それにしても、さっきのあの雷は何だったのか。
すさまじい音が空気を破って、その後音は消えた。
稲妻が光っているのみ。
どこか近所に落ちて、それで終りだったのだろうか。

ジャンが、ク・クと鳴いた。
ン?何言うたのと問うても、返事はない。
外は雨が降っている。

明けて今日、朝からまぶしいほど晴天。昨夜は雨が少なかったせいで地表が冷えず、かえって蒸し暑かった。
寝苦しい夜だった。
気温は35度まで上昇するらしいが、明日からは雨マークがずっと 続き32〜33度くらい。
夜が25度に下がると凌ぎやすいのだが。

『9月の雨はシャンパン色』などと気取って詩のようなものを作り、それをもとに絵を描いた。
12カ月の絵、もう20年ほど昔のことだ。
なぜかシリーズ全部が売れて(個展の折)、今手許にあるのは13カ月目の1枚だけ。

夜になって大気が不安定になると又雷が鳴る。
いくつになっても突然の雷鳴は恐い。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA