今が一番いい季節

今はまだ朝が涼しい。

花壇が隣のビルの陽陰の中にある間、水やりをしたり、手入れする。

深さ30センチ掘り返して、土を全部ふるいにかけてドクダミをやっつけたが、雑草の種はどこにでも落ちている。

ドクダミが無くなった分、せいせいしたように小さな芽を出し成長しようとしているが、そうはいかないよ、この根切り板の内側には入れてやらない、とつぶやきながら草抜きをする。

今朝は娘が手伝ってくれるというので、イソイソと用意した。

ゴミを捨ててくるからと先に出た娘のあとを追って、地上に降り立ったものの、彼女はいっかな姿を現さない。そのあたりで虫を採集しているのだろうと、私はアジサイの根方の枯れた枝取りなどをしていた。その間に娘はやって来たらしく、シャベルが置かれていた。

今日は、今年買ったピンクのアジサイを、今ある青紫系のアジサイの横に植える予定。さらに10分経って娘が姿を見せた。お互い、開口一番「どこにおったん?」

広いのである。この敷地は。公開空地が広がるこのあたり一帯は「下で待ってる」だけでは会えないことがある。ましてやこの緑の多い時期、花壇の中でしゃがんだらもう全く見失ってしまう。

娘は「穴掘り屋になれるかも」と自慢できるくらい上手に、素早く作業ができるようになった。何しろ1週間もシャベルを使ったのだから。

何か予期せぬ出来事が勃発して、穴を掘らなければならなくなった時、娘はおおいに役に立つことだろう。

四国が梅雨圏内に入ったとのこと。もう直ぐこの爽やかさは夢幻のごとく消え去り、蒸し暑い季節が到来する。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA