春は短し

毎年火曜日の教室の皆さんは、終わったら
「桜を見に行きます」と、楽しそうに雑談をしながら
そぞろ歩きで帰路に着く。

今年は当方の都合で、教室日が早くなった。
たぶん3分咲きぐらいだろうから残念なことになりそうと、
つい最近思っていた。

ところが今年の桜は1週間ほど早いとか。
寒の戻りがあった後、すぐ暖かくなったからだ。

先日の火曜日、近辺の桜はすでに満開。
(実はつぼみの時しか見ていないので、実際はわからない)

桜の季節、花冷え、花曇りに見舞われるのは、
1日でも長く桜が咲いているようにとの、
自然の配慮なのだ。

けれども最近は、その微妙な天の配剤が
おかしくなってきたように思う。

ともあれ、やっと重たいコートを脱ぐ時が来たのだ。

「最近の大阪って、春がなくていきなり初夏がやってくるよね」
先日友人が言っていたが、確かに春はとても短い。

うらうらに照れる春日にひばり上り
心悲しもひとりし思へば
(大伴家持)

なんて悠長なことを言ってるヒマはないほどに。

〜先日のつくしの話〜
“スギナの子”ではなく、スギナの地下茎に
くっついて栄養をもらう。
つまり“スギナに付く子”で、“つくし”。
土から筆が出ている様な形であることから、
“土筆(つくし)”となったそうです。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA