半日旅(前編)

GOTOトラベルは割安で好評らしい。
わが家ではもっと安価な半日旅を行った。

教室が終わってふと思いついた私は、娘に「午後、予定ある?」と尋ねた。
ないと言うので、じゃあ行こうか。

少し暗くなった方が良いので、逆算して2時出発。

教室の前に、掃除機・雑巾がけをしたので、少々疲れていたのだろう。
車に乗って10分もすると、ウトウトし始めた。
でもなぜか到着5分くらい前にはパッチリ目が覚める。
寝たおかげで元気になった。

私達が向かった場所は長居公園。
娘はここで教えている。
その建物へ入り、教室のラボ室前を通って売店へ。
そこに置いてあるダンゴムシの飾り物を私に見せたかったらしい。

実はこの場所は、もうずいぶん昔、私が1人で教えていた頃、展示と教室に借りていた。
その頃は1年に1回、玉麗会展を催す1週間のうち日曜日だけ体験会を開いていた。

申し込みは殺到し、1番多い時47人だったか、机をつめつめに置いて教えた。
もちろん1人ではどうにもならず、展示会会場で当番をしている会員を呼び集めて、何とか対応したことを思い出す。
もう20年くらい昔のことかもしれない。

20年の間には植物園も少しずつ変化を遂げ、池の上に橋ができたり、バラ園が整備されたり、ステージなども作られていた。

コスモス園があって、今もまだ満開の状態で、多くの人がバラバラに集まって写真を撮っていた。
バラ園にも次々と咲く花達が、衰えることなく香気を放っていた。

椿はまだ蕾が固く、サザンカもチラホラ程度であった。
蓮池があったはずと娘が言うが、蓮はその辺にはなかった。
咲いている訳ではないが、今頃は枯れた葉やハチスがあるはずなンだけど・・・。

出発点のハート型の花アーチ、鐘のところへ帰ってきた。
ビオラを球形の鉢に植え込み、「ビオラが咲く木」のように造った花のオブジェがひときわ目を引いた。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA