2017年玉麗会展 1日目

 

今日から始まりました玉麗会展、早起きして搬入です。

搬入スタッフとして、Yさん、Tさん。それから強力な助っ人男子2名。

搬入作業は時間がかかります。当会は、玉麗リーダーのもと、少人数でキビキビ動くので、いつもその速さに驚かれます。

それでも、会場ごとに設営が違いますし、今回は出品数も多いので、10時すこしオーバーしてしまいました。
当番さんも来られ、みんなで頑張って無事設営完了。

 

今回はひとつ、はじめての試みがあります。

「お好きな絵に投票して下さい」

会場受付で投票用紙をお渡ししますので、全作品の中から3つ、お好きな絵を選んで頂きたいと思います。各作品の作者名のところに番号がありますので、その番号を記入して投票箱に入れて下さい。もちろん、玉麗会会員の皆さんも、投票して下さいね。

特にトラブルはなく、そういえばこんなことが・・・・

 

12時から14時まで絵の無料体験ができるのですが、そこへ男性がひとり。

「水墨画はやったことがないので」ということで、筆をとられました。お手本で置いてある犬の絵を描いたあと、「似顔絵を書きますからそこに座ってください」

え?私?

もしかしてすごい大家なのか?!と思いつつイスにちょこんと座ってからしばらく・・・

「難しいな。濃淡が難しいな。」と男性。

ひょっこり覗いた玉麗先生、「あの、それちょっと老けていませんか??」

え?老けてるの?何割か盛って描いてくださいよ。

ひととおり顔らしきものを描いて「いや・・・油絵をやってるんですが、こりゃ失敗」と描いた紙をびりびりとやぶいて、さっさと立ち去ってしまいました。

やぶらんでもいいのに。

 

といった、珍事件?もありつつ、初日はにぎやかに終えることができました。

搬入手伝い、お当番、ありがとうございました!
明日からもどうぞよろしくお願いいたします。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA