冬の準備は今から

今日は曇りマークだが、雲の背後には透明な空が広がっているはず。

ルリマツリが7回目の花をつけ、うす緑の葉の間からヒョイと伸びた枝の先が、日増しにルリ色を濃くしている。

花達は、大気が冷えてくると色を深める。ルリ色の横には鮮光黄のこんもり菊が花勢を高め、光り輝いている。

上から見ると、まんまる!

時々出現する紺碧の空は、花々をより美しく見せるのに一役買ってくれている。

七十二候(しちじゅうにこう)ではこの季節を寒露(かんろ)と呼び、やがて霜降(そうこう)へと続く。

街中で住んでいると、季節の移ろう様が詳細には判らない。それでもこの辺りは川もあるし、公園や広場が多いので、目を凝らして観察すると、小さな虫や蝶や花々の変化の様子で霜降の季を知ることが出来る。

何よりわが家には、寒くなると眠ろうとする生きものが2種。

メダカは目を開けてはいるが、水底にじっとしてエサは食べない。

カエル達も目を開けている。突出して後ろの様子も見える便利な目は、眠る時も半眼である。時折パチクリと閉じることもあり、なかなか愛嬌のある動きをする。
この子達は放っておくと冬眠するので、ヒーターをかけて起こしておく。

自然に反するみたいであるが、飼っていること自体が自然ではないので。
冬眠させると、目覚める時にいろいろ問題があるとのことなので、わが家ではこちらを選んだ。

さてそうなると、いろいろ準備が要る。

昨年はまだ小さかったので、ケースもヒーターも小型でよかった。3匹とも大きくなり各々に新調した。

世話をするのに屈まなくてもよい台、
それらを乗せて移動するキャリー(昼と夜ではケースをおく場所が違う)、
完璧とは言えないまでも、それに近い状態で飼ってやりたいと思っている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA