誰が抜いた?

通りがかりにふと見ると、クチナシの木の下に生い繁っていたドクダミが、一部分だけキレイに抜かれていた。きっとここも1人で黙々と除草してくれたに違いない。

 

植栽業者の除草は手作業ではなく、機械で行う。ずっと昔は手で抜いていたように思うのだが、今そんなことをしてもらったら、きっと高額な予算外費用を請求されるだろう。

それにしも、道路脇の除草、マンション敷地内の整備、どこを見ても、うわっ素晴らしい!と思えるような仕事をしている場所がない。

業者の質が下がったのか、それとも発注元の私達が検分を怠っているのか。改革しようと考えれば、私にはもうとうてい出来そうもない案件である。

せめて出来ることは、目立って見苦しいヤブカラシを取り除いたり、種を飛ばして増殖する草をひっそり抜き去ることぐらい。

現理事長が、それをやってくれていることを知った。

クチナシの下が除草されているのは、そのおかげだ。

同じマンションに住んでいても、今までほとんどお会いする機会がなかったので、理事長の人となりは存じ上げていないが、この件でとても好感の持てる方だとわかった。

先日も1人でヤブカラシを抜いていてふと気がつくと、向こうの方でも作業している人がいた。そこへクリーンスタッフ2人が加わって、その辺の暑苦しい様がまたたく間にスッキリした。数の力は強力である。

スッと現れて、いつの間にかいなくなった。きっと口数の少ないシャイな性格な方なのだろうと想像している。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA