ブーツは湿気がキライです

ブーツの中は蒸れる。歩けば足ウラは汗をかくから湿っぽくなる。そうならないように工夫するのが、靴製造の基本だろうに。

のっけから文句を言うのは意に染まないが、1カ月程前に購入したブーツで1時間ほど歩いたら大量の汗をかいた。

足がとても不快であった。帰宅後くつしたを履き替えたほどだ。こんな汗かきクツ、初めてである。

デパートのムーンスター印のコーナーで買ったものだ。今日梅田へ出かけたのでひとこと申し上げようと思ったが、やめた。

で、どうしたかというと、中敷きを取り替えてもらおうと、クツ修理店へ行った。

しかし、ピッタリ貼られた問題靴ははがすのが大変で、修理代が高くなる。

「中敷きを1枚入れてみてはどうでしょう」「でもそれではキツくなりませんか」「じゃあこれを入れてはいてみて下さい」

となって、足を入れたら全然キツくない。ではこれと同じものを、と680円ほど支払った。

足ウラは?汗かいてない!マァこの前ほど歩いていないが、中敷きの吸汗効果アリなのだ。

このブーツを作った人達は、ナンデこの程度のことに考えが至らないのだろう。やっぱり、ことの顛末を、この次行った時に伝えるべきなのかもしれない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA