ベランダ、様変わり

ゴールドクレストとシクラメン・ポインセチア、この3ツは、クリスマスっぽい寄せ植えにピッタリ。
小花か小葉の何かを組み入れると、花屋さんで見かける上級の寄せ植えになる。

けれどもわが家はベランダに置いてリビングから眺めたり、外から見てキレイと思ってもらえるように作るので、よりシンプルな方がはっきり見える。

ルリマツリはまだ少し咲いている。
剪定は少し先にして、横の方へ退場させた。

中央に上記の3鉢を置いたら一挙に賑やかになった。
百日草もまだいっぱい花が。

いつも思うことだが、わが家のベランダの外側、つまり空中に浮いた状態で見てみたい。
朝日を受けて輝いている花達はさぞかしきれいなことだろう。

Uさんがプレゼントしてくれた温州みかんがうっすらと色づいてきた。
9個も、こんな小さな木に成って、大丈夫かネと見るたびに思う。

でも収穫の嬉しさを思うとやはり数が多い方がいいかナ、と欲張ってもいる。
その隣に日向柑が私の背丈以上になっているが、この木はやはり、地植えしてやらないとダメかも・・・・・。
と言ったって、どこへ持って行ったらいい?
思案のミカン達である。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA