ある物語

コロナウィルスがウヨウヨしている首都トーキョーへ、行かねばならない。

マスクに革手袋、ハンチングを被り、防護用ダスターコートに身を固めた男が行く。

2日間の滞在が終了するとただちに新幹線に飛び乗り、帰阪した。

しかし、大阪とて今や安全な場所とは言えない。

気をぬくことなく自宅へ戻り、手洗い・消毒を済ませると、2階へ上がった。

彼は誰とも会わず、ウィルス感染の有無を確認する期間中、じっと身を潜めた。

そして2週間後、晴れて潔白の身となった。

トーキョーへ行くと告げた日のことが思い出される。

家族には反対され、所属団体長には思いとどまるよう、説得された。

しかし・・・・・。

彼にはミッションがあった。

すべての制止を振り切って行ったものの、わずかだが不安もあった。

それが、雲が飛び去り陽が射すように、スッキリと晴れた。

所属団体長にメールを送った。

『私は元気で、酒がうまいと感じます。御心配をおかけしました。ワルGK 』

コードネーム「ワルGK」からメールを受け取った。

私は彼のことを、エージェントKと呼んでいる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA