大嵐の後

台風21号の後はスッキリ晴れ、
大気中の悪いものが全部吹き飛んでしまったかのような
透明さを感じる。

しかし・・・・・
ベランダは惨憺たる有様で、
とても終わらない状態になっている。

わが家のベランダはコンクリートの部分が
5mほど、左右に3mほど鉄柵が付いている。

なので植物に陽が当たるように台を作り、
鉢を載せている。
台風の時はいつも全部床に下ろしておく。

ところが今回は、回り込んで吹いてきた
風が床の鉢を何個か倒し、
その他の鉢からも土や砂が飛んで
いつもきれいに拭いている床面は、
無惨な汚れがこびりついている。
雨が土をたたきつけたせいでもある。

まず台を清拭し、鉢を載せる。
床面いっぱいの土や飛散してきた
木の葉などを取り除き、掃除機をかけ雑巾で拭く。

汚れのひどい所は5回、その他も3回
雑巾を取り替えて念入りに拭いた。
休み休みしたものの、夕方までかかった。
首、肩、腰がイターイ。

掃出し口のガラス戸にも葉っぱの破片や
土がついて汚いが、
また後日にしようと目をつぶる。

翌日、東側のベランダの片付け、
玄関周りの掃除、
これでやっと台風将軍の戦場跡の
後かたづけが終わった。

週末は涼しいようだから、
窓ガラスを拭くことにしよう。

室内から見上げる初秋の空は
“透き通ったガラス越し”に見るのが
理想である。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA