秋の贈りもの(+動画カリフォルニアポピー)

(本日の動画はブログのいちばん最後にあります)

鶏頭がすごい存在感

 

この紫の花の名前は「ハナシキブ」とMさんに教わりました

 

どこからともなくアリが出てくる出てくる・・・

 

甘くて美味しい!

 

柘榴(ザクロ)・鶏頭(ケイトウ)・蓼(タデ)・青いちょっと不思議な形状の花・・・
それらが籠にいっぱい入っていた。
Mさんが教室に持ってきてくれたらしい。(私は休みの日だった)

柘榴はそれはそれは見事な実で、割れてはいなかったので、残念ながら中の種子はルビー色ではなかったが、食べると甘かった。

甘いものには虫がつく。
アリである。

娘は教室で、次々と出没するアリと戦っていたらしい。
水につけても平気のヘイザで、指で潰すより他に方法はなかったとか。

台所のボールに水を張り、柘榴をつけるとまだ出てくる。

アーーッ 私の腕を這い上がってくるのがいる。

数年前、アリに刺されて1週間ひどい目にあってから、みるとアレルギーを起こすようになった。
カユイカユイが出るわけではないが、神経がアレルギーを起こす。

つまり、刺されていないのに、頭髪の中にアリがいるような感覚に襲われる。
体のあちこちがカユイ気がする。

それでも、美味しそうなこの実を諦めたりはしない。
割ってポロポロと剥がして、口の中に放り込んだ。
うっすら甘いジュースが口中に広がり、郷愁を誘う。

花たちもひょっとしたらアリがいるかも・・・とベランダに出している。
明日、活けることにしよう。

M家は、広い敷地にいろいろな花や果実を植えて楽しまれているようで、季節ごとに珍しいものを持ってきてくれる。

私はそれを絵にして残す。
手本の中にも、Mさん持参の花などが登場する。

地面の管理が大変なことは、下の花壇で十分知っている。
でも、体を動かせて汗をかくって素晴らしい。

Mさん、ありがとうございました。

(玉麗)

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第96回は「カリフォルニアポピー」(2分26秒 音あり)です。

チャンネル登録はこちら。↓
YouTube「べべ・ロッカチャンネル」


よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA