あげる

私の知人で、人にものをあげるのが好きな人がいた。

その人はお金持ちだったので、けっこう高価なプレゼントをしてくれる。

例えばどこそこの有名な店のたけのこの佃煮、当時はお取り寄せをしていなかったのかどうか、その店まで出かけてたくさん買って、お稽古事の仲間に配る。

私にも当然どうぞ、と言ってくれる。
コレって高いものですよね、と当時の私は恐縮して隣の人に聞いた。
その人はニコッと笑って、「いいのいいの、彼女お金持ちだからありがたくもらっといて」と言う。

その時は、いいのかな、お返しとかしなくてもと気を遣ったものだ。
私はまだ若く修行中の身で、サイフの中身は常に軽かった。

それから30年以上経って、私もようやく小遣いでプレゼントができるようになった。
そしてプレゼントをする喜びを知ってしまった。

そこで気付いたのだが、私もやはり、“あげたがり”の人であったと。

お金持ちでもケチな人はいっぱいいる。
そんな人達は、人にものをあげるなんて思いもよらないことなのだ。

道行く人が2人喋っていた。
「・・・・をくれるンだったらナア」
「そうや、何もくれへんのに・・・損するワ」

聞こえないところがあったので、何を言っているのかよくはわからなかったが、「何かをもらわなきゃ、タダで何かをするのはイヤだ」と言っているようであった。

もらうことは大好きだけど、何かをして「あげる」ことの出来ない人達。
懐具合の問題だけではないような・・・・・。

世の中は回っている。
回り回って何がやってくるかはわからない。

良いことをしておけば、回り回っているか返ってくる、とよく言われるが間違いではないと思う。

何かを「あげて」いるから、そのうち何かをもらうようになるのだ。

人付き合いのない人は、あげなくてもよいかもしれないが、そんな人には、もらう機会もやって来ないだろう。

あげるものは物だけとは限らない。
思いやりや、奉仕の心も含まれる。

(玉麗)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA