8月手本 青ミカンとブドウ

青いミカンとブドウです。ミカンの種類はとくに限定していません。ブドウはデラウェアがモデルです。ブドウは、水墨画ではポピュラーなテーマです。墨や黄草(緑色)、今回のようなエンジ色で実を描きます。難しいのは実のつけ方で、少し欠けたようなバランスにするとかえってリアリティが出て、まさに絵になるのです。

ミカンの葉は、虫食い部分のあるもの、くるっとめくれたようなものを作るとより本物らしく見えます。ちなみにこの虫食いの「虫」は、主にアゲハの幼虫のことで、柑橘類につき、葉をエサにします。

mikan

(ブドウの実のつき方は、わざと欠けを作ってデコボコしたシルエットにするのがコツ。)

mikanbudou

(ミカンの葉は、虫食い部分を作ると、リアリティが出ます。)

(雪)

※ブログランキングに参加しています。よかったら下のボタンをポンと押して下さるとうれしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA