10月手本 野菊と山葡萄

2日ほど気温が高く蒸暑い日が続き、教室では久しぶりにクーラーをつけてちょうどよいくらいでした。今回の手本はとても秋らしくさわやかです。同じトーンの青系が中心で、ヤマブドウの赤い実がアクセントになっています。

ノギクの花が多いので大変かな?と思いきや、ほとんどの方がヤマブドウの葉に苦心されていたようです。このタイプの葉のかたちは確かに描きにくいですね!ノギクの花は皆それぞれに個性が出ていて、とても良かったです。

ちなみに、野葡萄(ノブドウ)とよく混合しますが、ノブドウの方は食べることができません。ヤマブドウはジュース、ワイン、ジャムなどが人気で、生食も可能だとのことです。さらに蔓(ツル)はかごバッグなどに変身しますが、雑貨屋に置かれている安価なものとは違い、ヤマブドウは高級品ですね。ところで、読めるけど書けない漢字のひとつ、葡萄。そろそろ書けるようになりたいです。

nogiku1

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA