長居ゆき教室「庭園」

昨日のブログがとんでしまいました。ちょうど今日の長居「ゆき教室」のお知らせをするつもりだったので報告と一緒にまとめます。

それにしても昨日は暑い日でした!朝からむしむしするなと思っていたらセミの鳴き声が聞こえ、夜にはついに雨が。朝は小雨だったのでほっとしました。

今日は「ゆき教室」ですので、人数はいつもより少なめ。荷物もコンパクトにまとめられました。

今日のテーマは「庭園」です。実は、この手本の季節は、春〜初夏のものです。池の中には沢飛という石があり、中央の紫はカキツバタかハナショウブ(水辺に咲く種類です)、赤はサツキです。

主役を際立たせるには、背景の樹木を控えめにします。水もきれいに塗ってしまわず、左側の余白を大胆に残すとフッと抜け感が出て軽やかになります。風景はバランスがポイントなので、描きこみすぎず、強弱をつけることが大切です。

センターの入口には、いつも季節の植物が置かれています。今日は、マンジュシャゲ、フジバカマ、オミナエシなど。

差し入れを頂いたり、準備・後片付けをして頂いたり、ありがとうございました。次回の教室も楽しみにしています。本日のご参加ありがとうございました。

長居のそれぞれの教室詳細は下記をクリックして下さい。

→長居1日講座「美しい墨彩画」

→長居「ゆき墨彩画」

fujibakama9

manju9

(雪)

※ブログランキングに参加しています。よかったら下のボタンをポンと押して下さるとうれしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA