禅語2

「閑不徹(かんぷてつ)」・・・あくせくしない、あせらない、うろたえない。のんびりと静かに徹する。

私には耳の痛い言葉である。理想の境地と思っておこう。

「莫妄想(まくもうぞう)」・・・妄想を断ち切り、心をからっぽにすること。

禅宗では、座禅によって心を無にし、純化させるという。雑念を追い払い、呼吸することに徹する。

私は座禅の経験はないが、“徹する境地”には時々なっている。

絵を描くこと。これ道(どう)なり。水墨画は禅に通じる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA