狭い所は苦手

高所恐怖症、閉所不安症などに陥る人に会ったことはない。言葉としては知っているが。私自身にあてはめると、狭所嫌悪症ではないかと思われる。それが近年とみに強くなってきている。

狭い所に行くと、息がつまる気がする。天井の低い部屋に入ったりすると、落ち着かない。一刻も早くここから退出したいと思ってしまう。茶室へ招待されると困ったことになるだろう。(今心配するほどのことではないか。)

カエルは狭い所が居心地がいいらしい。自然の中で住んでいる子達は、石垣の隙間や窪地に潜んでいるようだ。

飼ってみて解ってくることは多々ある。オアシスを利用して、ブロッコリーなどの葉を枯らさない工夫をしているので、そのうち穴が開いてくる。

3匹のうちの1匹がヒョコヒョコ歩いてきて、穴を見つけた。覗き込んでいる。頭から半身を入れた。次に見た時、中に入っていた。頭だけ出してすましている。

そうか、穴が好きなんだ。スプーンでオアシスをくりぬいて、上から平たい石をかぶせておいた。次の日、3匹そろってその窪みに入っていた。

 

1人でお茶をする時はそうそうないが、行くとしたらオープンテラスのあるカフェが望ましい。お気に入りのテラスカフェが閉店したのは返す返すも残念なことだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA