映画って本当に・・・

雪「珍しくテレビみてるの あ、オードリーヘップバーン」

玉「古い西部の映画で、インディアンの娘という役柄やねん、まあまあ面白かったよ」

雪「インディアンの映画といえば、『ダンス・ウィズ・ウルブス』が思いつく、観てないけど。キアヌ・リーブスやったっけ」

玉「違う違う、あの人」

雪「あ、間違えた、ケビンコスナー」

玉「違うよ」

雪「え?! じゃあ誰?あの2人以外で??」

玉「ほら、ペンタゴンの面白い映画に出てた あれはかっこ良かったなあ」

雪「ケビンコスナーやん」

玉「違うよ、『追いつめられて』にも出てた あれは面白かった」

雪「ケビンコスナーやん」

玉「違うねんって イギリス人的なかっこよさで、顔が小さくてスラーッとしてて」

雪「ケビンコスナーやん ケビんコスナーやって」

玉「あのほら、それは飛行機の前でワアーって手を降ってた人」

雪「(わからん・・・)ダンスウィズウルブスで検索、・・・ほらーやっぱりケビンコスナーやん!」

玉「ええ??そうやったかなあ おかしいなあ でも追いつめられてはほんまにかっこよかった 面白かったし」

雪「ちなみに飛行機の前で手を降ってた人は?」

玉「そういうアクション映画に出てなかったっけ」

雪「あの映画のことやろなというのはわかった、それはもしかしてニコラスケイジちがう?ニコラスケイジで検索・・『コン・エアー』ちがうかな」

玉「ニコラスケイジや! しかしえらい違いやな、ケビンコスナーに怒られる」

雪「ニコラスケイジといえば、『フェイスオフ』知ってる?すっごい面白いやつ」

玉「フェイスオフは聞いたことがあるな」

雪「顔が入れ替わるやつ。もうひとり、あれ誰やったっけ名前忘れた・・・背が高くて目が青くてあごが割れている・・・フェイスオフで検索・・・ジョントラボルタ!!」

玉「ああ、あの人、たしかに目が青い」

雪「ジョントラボルタは踊れるし歌えるし、太ってから悪役で復活しはってん」

玉「あの人、ニューヨークのミュージカルの映画、出てたんちがうかな」

雪「ウエストサイドストーリーのこと?それは古すぎてちょっとわからへん、タイトルくらいしか・・・でもトラボルタじゃないよ もっと古い」

玉「おかしいな あの人やと思ったけど」

雪「ウエストサイドストーリーで検索、出演はナタリーウッド・・・ジョージチャキリスのこと違う?!」

玉「ああ、それそれ」

雪「なるほど、間違える訳もわかる(たしかにあごが割れている)」

(雪)

 

2件のコメント

  1. オードリーの「許されざる者」
    私も見てました。
    西部劇昔のアメリカ映画は面白く見ごたえがありました。
    最近の映画は今一つ、の気がします。

  2. オードリーヘップバーンはどの映画のどんな役柄でも素敵だな、と思いました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA