手縫い

今朝も涼しい。きのう早朝に降った雨のおかげだ。

涼しいと、何かしなくちゃとなってくる。

クローゼットに、今夏着ていないスモッグのような服があったっけ。あの袖を切ってベストにしよう。

ミシンの針穴は通らないけれど、手縫いなら何とかなる。切った袖ぐりの裏布を作り、始末した。ハ、かわいいベストじゃないか。普段着にちょうどいい。

勢いづくと、何でも出来てしまうような錯覚に陥る。

わが家の夏布団(タオルケットなど)は昨年から、カバーごと洗えるように工夫した。カバーを取り替えるのが面倒になってきたから。

1枚だけ仕上げていないのがある。アレだ。

夕闇がせまってきて、そろそろ夕食をと思う頃、あと縫う所が120センチぐらい残った。

今までの私なら入浴後また取りかかって、その日のうちに仕上げただろう。

でも、人生は長いのだ。

今朝テーブルにキチンと畳まれたシーツを見て、楽しみを残しておいたことを、小さく喜んだ。

夏の涼しい朝は、それだけで幸せになる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA